スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわさとは!

恐怖っていったい何なのだろう。
なぜ私は人は恐れるのだろう。
命の危機を感じるからだろうか。
人が恐い、災害が恐い、お化けが恐い。
恐いものは予想できないもの未知のもの。自分の予想を超える可能性があるもの。
もし3年後に死ぬことが予想できたとしても、死ぬことを体験したことのない予想できない人にとっては恐いまま。
そんな中、人を恐れることはとにかく変わったことだと思う。
同じ成分で出来ていて、大体同じ形をしているし、機能も同じ。だけど恐れてしまう人はいる。
私も人を必要以上に恐れる。恐れるあまり無関心になる。なるべく関わらないように。
恐れるものと向き合うことは難しい。
それでも避けられないのであれば、自分が感じることと同じように相手に恐怖してもらえばいいという考えに至った。
いつからだろうか。私は物心がついたころから、怖れを抱く相手に関して一種の殺人考察をする癖がついてしまった。
そのルートが明確になれば、私はいつでもあなたを手にかけられる。だから恐れるるに足らない。
そんな安心感を得ている。

私は手にかける価値があると判断したら、迷わないだろう。
その価値は私自身の総合的な価値との比較か、なんなのか。
もし銃を持っていたとして、どうしようもない場面で撃つのは相手か自分か。

ただ、私は自分の先見性のなさを熟知している。
だから、先が見えないことに恐怖する。

分からないことは恐いこと。ただ、恐がるのに飽きた私は無関心という選択肢を選んでいる気がするが、
関心を持たずにいられないものに対してはどうなるやら。

ではでは☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ティータ

Author:ティータ
常に熱く、常にクールに。

最近やってるゲーム:ストⅤ(リュウ、いぶき)

グラブル:ランク128

夏コミ出ます。体力づくり中...

リンク
かうんたー
最新コメント
月別アーカイブ
バロメーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。