スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人との接し方!

人と接することがすっごい苦手です。
誰もかれもに対してというわけではないんだけど、苦手な人には極力話しかけないというか、極力どころか話しかけなきゃいけない場面でも話せない。こりゃまぁ重度ですわ。

この歳になると、克服すると言うよりかは、どこかしら妥協点を見つけるなりするしか方法はなさそう。
弱い部分も含め、これまでどうにかなってきてしまったから今後も治らないんだと思ってる。
だから治らないものを治そうとするより妥協して最低限のラインに到達するようにした方が手っ取り早いはず。

と、就職するより前から自分の弱点として認識していましたが、やはり厄介な性格だなと思うわけです。
どう付き合えばいいかは本を読んだりして他の見識を参考にするしかないかな。

話は少し変わって、「あなたのためなんだよ」と言われたことがある人も多いかなと思います。
親からとか、上司からとか。
この言葉はあんまりよくないかなぁって思います。
マンガとかでもよく「勝手に期待して勝手に失望してるだけじゃないか!」というセリフありますが、そんな感じ。
勝手に「あなたのためにやってるのに何でわかってくれないの!?」となってることが多い。

人を動かすのが上手い人は相手のためを思ってるってことを前面に出すのではなく「こうしないと自分が困る」ってのをまずいってるかなぁ。
相手のためを思ってるのはいいんだけど、結局自分のことしか考えてねえじゃねえかってことが相手に伝わった瞬間ピエロですわ。

自分の弱点はなかなか克服できないし、やらなきゃいけないと思っていることもできないのが一般的。そりゃ学生時代に勉強とか宿題はしないといけないと分かりつつもやらないことが多かったって実績があるから今更治らないわな。

やらなきゃいけないことってのをいかに自分にやらせるかが失敗しないことなんだけど、それも上手く妥協点を作るしかない。
宿題を完璧にやる人だってもちろんいるし、いつまでたってもやらない人もいる。
全ての人が望むようなことをするのは難しいけど、自分が苦しまないような動きはしておきたい。
何が苦しむかって言うと、大体やって怒られるよりやらないで怒られるパターンがキツイ。

だから怒られる怒られないを判断基準にするんじゃなくて、やらなきゃ自己嫌悪にいたってしまうかとか取り返しがつかないかとかまともないいわけができることかを考えるといいかなと思う。

自殺する人に対して、自殺するくらいならその覚悟を別な所に当てればいいと考える人もいると思うんだけど、
死ぬ覚悟をして出来ることなんてせいぜい死ぬことくらい。
相手も悪いんだけど自分にも非があるって状態が一番自殺に追い込まれやすいんやと思う。

そんな環境は今の社会でいくらでも起きちゃうんだけど、だからこそ最低限は自分で回避したい。
言ったら怒られて心が壊れるってのと言わなくても怒られて自殺に追い込まれるってガー不をくらいそうなもんだけどね。
これまで生きてきた経験上、ここで行かなきゃいけないけどここでいったら自分が壊れるって思うからどつぼにはまっちゃう。まさに今の自分がそれ。

頭使えって言われることもあるだろうけど、頭使ってビビってなにもできなくなるよりかはなにがしたいかだけでも考えて突っ込むのが正解かなと思う。

先手必勝って言葉あるけど、その通りやなって最近よく思う。悪い知らせでも、相手に聞かれる前に言えば勝率が3割くらい上がる。勝率0でも30%になるって素敵や。

相手の希望にこたえられたらそりゃいいことだけど、結局は自分がより不幸にならない選択肢を選べるかどうか。

今いる環境はクソやなぁと思うけど、今いる場所から動かないってのが自分でも不思議なくらいやね。

行動力ってすごくうらやましいわ。
結局ひとりで考えてもたどり着ける場所はそう多くない。だからこそ色々な人の知見をかりるってのが重要。
めちゃくちゃ特殊な環境にいるわけじゃなかったら、自分と同じ境遇で悩んでる人なんてたくさんいるし、
そのたくさんいるなかで自分と同じような性格の人でも切り抜けた方法ってのは多分ある。
それをすればいい。一人で考えるより、そこを見つける努力をすればいい。本を見たりネットで調べたら意外と見つかる。

明日すっげーきついけどどうにか頑張る。

ではでは☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ティータ

Author:ティータ
常に熱く、常にクールに。

最近やってるゲーム:ストⅤ(リュウ、いぶき)

グラブル:ランク128

夏コミ出ます。体力づくり中...

リンク
かうんたー
最新コメント
月別アーカイブ
バロメーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。